給料が安いのに、浪費癖があると大変なものである。なんせ収入がないのに金ばっか使うようなものだから。

お金を借りることになるとは夢にも思わなかったが、とうとう自分にも借りるときが来てしまった。

ある重要な用事があり、実家から遠く離れたところに行かなければいかなくなった時の話である。行こうにも金がない、こんなときどうすれば良いか、私には解らなかった。なんせお金というものはなくなればそれで終わりと考えていたくらいであるから。

お金を借りると云う方法を考えたのもこの時であった。

お金を借りるには何かと面倒があるのかと考えていたが、案外すんなり行った。まあ、それほどの金額でもなかったのだが。そんな訳で、その時は救われたのだが、お金を借りるのがこれほど簡単なものと知ると、借りられるだけ借りたくなってしまった。

返す当てもないのに借りすぎた結果、今は借金に追われている。借り過ぎには要注意と改めて気づかされた。後悔先にたたず。