あれは二十歳前後の頃、両親の別居などのために精神的に不安定になり、通っていた短大を中退してしまいました。そ

の後、定職に就くわけでもなく気ままにアルバイトをしたり、知り合いのスナックなどを手伝ったりしてお小遣い程度の収入を得ていました。

実家暮らしだったためか、お金に関しての危機感はありませんでしたのでそんな収入でも自分では満足していたのです。

その頃は、彼氏と呼べる人もいませんでした。

そんなある日、興味本位で本当になんとなくですがパチンコ店に入ってしまったのです。初めてのパチンコは、案の定、世間一般でいうビギナーズラックとやらでした。

席に座ってまもなく大当たり。あっという間に2万円のドル箱を積んでいました。これが引金となり、パチンコ通いがスタートしたのです。

アルバイトもろくにしなくなり、朝から晩までパチンコ店に入り浸るようになってしまいました。

しかし世の中、そんなに甘いものではありません。しょせんギャンブル。大当たりばかり続くわけもなく、収支は減っていくばかりでした。

しかしながら、パチンコの魔の魅力にとりつかれた自分は財布の中身がスッカラカンになってもパチンコがしたくてたまりません。

はじめはクレジットカードのキャッシングでした。はじめはほんの1万円。簡単にお金って下ろすことができるんだな、などと軽い気持ちでした。それから坂を転がるように転落していきました。

キャッシングの限度額がいっぱいになってしまったら新しいカードを作り、それもまた、限度額いっぱいにする。借りてはパチンコ。負けては借りての繰り返しに返済が追いつくわけがありません。

とうとうカードが作れなくなってしまうまでになってしまいました。

それでもまだパチンコがしたいのです。奥の手とばかり、とうとう消費者金融に手を出してしまいました。

今思えば彼氏でもいたら違っていたのかもしれません。当時、私には止める人がいませんでしたし、両親にはもちろん秘密でしたから。

とうとう、にっちもさっちもいかなくなり最終的には親に泣きつきました。借金総額80万円。親の援助で全額一括返済しました。

高すぎる勉強代でしたが今では、あの出来事を教訓に日々を穏やかに過ごしています。