私が初めてお金を借りたのは、高校生の頃です。バイクが欲しくて、親に15万円程借りました。

お弁当屋さんで約半年間バイトをし、毎月少しずつ返済しました。バイト先には、欲しかったバイクで通い、充実していました。

その時は、お金を借りるとすぐに欲しい物が手にはいるので、とても良い方法だと安易に思いました。それから大学生になり、今度はより大きなバイクが欲しくなり、親ではなく、バイク屋さんが勧めてくれたバイクローンで購入しまた。

体験談を書こうとしている今ですが、とても懐かしいなと思いながら書いています。

6年ぐらいまえに、私は大阪出身でずっと大阪に住んでいましたが、25歳で新卒で東京で働くために出てくる所でした。私は2点でお金を借りることとなりました。

1点目は東京での物件探しです。やはり実際に見てみないと分からないという点があり、一泊二日で東京の物件を見に行くことにしました。

しかし、そこまでお金がなかったし、次にお金を借りた理由のこともありそこまで金がなかったので、レイクでお金を借りて物件調査に行きました。

アメリカ製の中古サックスを購入するために消費者金融のアコムから借金をしました。

楽器はどれもそうかもしれませんが、サックスは楽器によってまったく音色が異なります。特に1960年代にアメリカで作成された中古のサックスはジャズをプレイするには最適なんですね。

でも、その全てが一点ものです。誰かに買われてしまうと二度と手に入りません。総額で60万円ちょっとするのですが、手持ちの現金がないので仕方なくアコムから不足分を借りました。

あれは二十歳前後の頃、両親の別居などのために精神的に不安定になり、通っていた短大を中退してしまいました。そ

の後、定職に就くわけでもなく気ままにアルバイトをしたり、知り合いのスナックなどを手伝ったりしてお小遣い程度の収入を得ていました。

実家暮らしだったためか、お金に関しての危機感はありませんでしたのでそんな収入でも自分では満足していたのです。

その頃は、彼氏と呼べる人もいませんでした。