私が初めてお金を借りたのは、高校生の頃です。バイクが欲しくて、親に15万円程借りました。

お弁当屋さんで約半年間バイトをし、毎月少しずつ返済しました。バイト先には、欲しかったバイクで通い、充実していました。

その時は、お金を借りるとすぐに欲しい物が手にはいるので、とても良い方法だと安易に思いました。それから大学生になり、今度はより大きなバイクが欲しくなり、親ではなく、バイク屋さんが勧めてくれたバイクローンで購入しまた。

私は、事故に遭ってしまい車を購入しました。

車検が近く車も古かったので、貯金をすべて車の購入資金にしました。急に車を購入することになったので、持っているお金すべてなくなってしまったので節約生活をしていました。

そんな時に、友達2人の結婚が決まり、結婚式の招待状が届きました。

僕は20代前半の頃に何も知らずに仕事で稼ぎまくっていました。

高卒なのに手取りで27万円も貰えるような環境で働いていましたが、体も心ももたず結局フリーターの道へ。

そこから手取りは12~3万程度となり、今まで払っていた市県民税が払えなくなったため催促の告知が来てもずっと無視し続けていました。